その他

他では見られない、可憐さに心躍る客殿がある「正寿院」

他では見られない、可憐さに心躍る客殿がある「正寿院」

目の前に広がる明るく軽やかな空間

(自社撮影)
猪目とは、古来より寺社建築の装飾に使われてきた伝統文様。
建物を守り、災いをよけ、福をまねく、という意味が込められています。
この可愛い窓の外に見える景色は、春夏秋冬色を変え、見る人の心をさらに躍らせます。

天井を埋め尽くす華やかなアート

(自社撮影)
色とりどりの花や風神・雷神に舞妓などが目に飛び込んできます。
東西南北の四隅には、青龍・白虎・朱雀・玄武の四守護神が見守る配置。
「花と日本を感じる風景」をテーマに、書家・日本画家などにより手掛けられた華々しい絵が、天井を埋め尽くしています。

夏の風物詩・風鈴まつり

(自社撮影)
7月1日~9月18日まで行われており、正寿院は別名「風鈴のお寺」ともいわれます。
全国ご当地風鈴を見て、その音に耳を傾けて、風に乗るお茶の香りを感じ、味わい、風鈴絵付け体験で楽しんでみましょう。
元々の厄除けの意と共に、チリンチリンと涼しい音を奏で暑い夏を払う、日本人にはかかせない涼しの風情です。

十人十色の願いごと

(自社撮影)
古くから縁起が良いといわれるお守り、叶紐(かのうひも)。
大事に持ち帰るも良し、境内にある地蔵堂に結ぶも良し。
たくさんの人々が、それぞれの思いを持って訪れているのを感じます。

自然に抱かれ見守られる正寿院

(自社撮影)
本堂への入り口となる山門の脇には、樹齢500年を越えるサルスベリの大木が勢いよくその手を伸ばしています。
意志をもっているようなその姿は、まるでこの寺を長く見守ってきた頼もしい門番のようです。


《情報提供》
KYOTO SIDE
京都をすみずみまで、歩いて食べて見て体験!「KYOTO SIDE」は、観光、グルメ、イベント情報など、まだまだ知られざる京都府の魅力や情報を発信し共有していく地域情報発信WEBサイトです。https://www.kyotoside.jp/

施設名正寿院
住所〒6100211京都府綴喜郡宇治田原町奥山田川上149
電話番号0774-88-3601
URLhttp://shoujuin.boo.jp
最寄り駅京阪宇治駅・JR宇治駅・近鉄新田辺駅 
最寄りのバス停京阪宇治バス(180・182・184系統)「維中」前 コミュニティバス「奥山田」下車 徒歩約10分
営業時間拝観時間8:30-16:30(11月~3月は8:30-16:00)
入場料拝観料400円


KYOTO MASTERS - 京都マスターズ

関連記事