神社・寺

小さな球に願いを込める。学問の神様がおわす場所「錦天満宮」

小さな球に願いを込める。学問の神様がおわす場所「錦天満宮」

 

繁華街に佇む錦天満宮で願いを込める

錦天満宮

錦天満宮には「学問の神様」と呼ばれる菅原道真公が祀られており、毎年多くの受験生や就活生が合格や内定を祈願しに来られます。

錦天満宮では多くの参拝者が絵馬に願い事を書いて奉納します。

また、色とりどりの折り紙で作られた千羽鶴も奉納されています。

(※絵馬や千羽鶴は参拝者の願いが込められているものなので、むやみに触れたり、持ち帰るのはやめましょう。)

絵馬は購入して自分の願いを書くことができるので、興味のある方は是非お試しください。

また、錦天満宮では絵馬以外の方法で神様に願いを伝えることができます。

 

願いを叶える小さな球体

錦天満宮 球体

こちらは錦天満宮ではお馴染みの「大願梅」です。

天満宮の象徴である梅をモチーフとした木でできた小さな球体です。

この「大願梅」の中に入っている紙に願い事を書いて、木栓で封をします。

境内にある大願梅の樹に奉納するのも良いですし、御守りとして持ち帰るのも良いですね。

またこの御守りは、可愛い見た目だけではなくお願い事をされる方、一人一人のプライバシーを守るということで考案されたそうです。

あまり人には恥ずかしくて言えない大胆なお願い事も、これならば遠慮せずにできますね。

 

あなたの所までお運びします

錦天満宮

錦天満宮の特徴としてもうひとつ挙げられるのが境内に設置されたロボットです。

上の写真は「からくりおみくじ」です。

お金を入れると中の獅子舞がおみくじを運んでくれます。

その他にも、紙芝居を音声とともに説明する「紙芝居ロボット」などもあります。

 

アクセスの良さは随一

京都の観光がより思い出深い旅行になるように、他の神社には無い多くの工夫が凝らされている錦天満宮。

その多くの工夫は参拝者の方や旅行者にもっと親しんでもらえるよう試行錯誤を重ねたものです。

その成果もあってか、近年では外国人観光客の間でも寺社仏閣の作法に対する理解が深まってきているそうです。

近くを訪れた際には、一度参拝に行ってみてはいかがでしょうか。

施設名錦天満宮
住所〒604-8042 京都市中京区新京極通り四条上る中之町537番地
電話番号075-231-5732
URLhttp://nishikitenmangu.or.jp
最寄り駅京阪電車 京阪本線 祇園四条駅、 阪急電鉄 京都戦 河原町駅、 
最寄りのバス停京都市営バス 四条河原町
営業時間開門:午前8時/閉門:午後8時
入場料無料


KYOTO MASTERS - 京都マスターズ

関連記事