ファミリー

京都に来たら必ず食べて欲しい歴史が詰まった京料理5選

京都に来たら必ず食べて欲しい歴史が詰まった京料理5選

京懐石

京都で採れた食材を使用し、手数を加えた調理法と素材の味を生かすための薄い味付けにより
実に繊細な仕上がりとなっているのが特徴です。
懐石料理は、元々茶の湯の世界で来客をもてなすための料理として誕生したため、
美しい見た目とともに味わいを楽しめるのではないでしょうか。

おばんざい

おばんざいとは日頃に食べる京都の家庭料理のことで、
京野菜など季節の食材を使い、食材を手間を掛けずに使い切る合理性が高い食文化です。
素材の味を生かしたシンプルな味付けで、栄養バランスもよくとれた体に優しい料理です。
ついつい旅行中は食事が偏りがちなので試してみてはいかがでしょう。

湯豆腐

昔から水が美味しい土地として有名な京都で作られる豆腐は、とても美味しいです。
湯豆腐の材料は豆腐、水、昆布のみととてもシンプルなので、
美味しい豆腐を作れる京都だからこそ名物料理になったのでしょう。

湯葉料理

その昔、中国から伝えられた湯葉は、肉や魚を使わない精進料理の食材として使用されました。
様々な料理様式が発展していく中で、淡白な味わいで、汎用性の高い湯葉は重宝されたのでしょう。
現代では、体に良いタンパク質を摂取できるのが魅力と注目されています。

京漬物

京野菜を使った漬物が京漬物です。
漬物が苦手という方も京漬物は比較的あっさりとした味に仕上がっているので試してみてください。
お気に入りの京漬物が見つかると、ご飯のお供に欠かせなくなるはずです。



KYOTO MASTERS - 京都マスターズ

関連記事