カップル

激辛グルメで心も体もHOTに!向日市の「激辛商店街」

激辛グルメで心も体もHOTに!向日市の「激辛商店街」

激辛グルメの聖地「激辛商店街」

JR京都駅から電車に乗って約7分の場所にある向日町駅を降りると、そこには激辛グルメが集まる「激辛商店街」があります。
町の中には激辛グルメを扱うお店が点在しており、食べ物を扱う飲食店のみならず、オリジナルの激辛グッズを販売している文房具店、案内所にもなっている不動産屋さん、激辛のしみ抜きを行うクリーニング店などなど、まちなかのさまざまな店舗で“激辛”を扱っています。
町を歩いているとどこからともなく流れてくるスパイスの香りが鼻をくすぐり、激辛好きにはたまらない場所です。

クセになるおいしさ!KARA-1GP優勝店「麒麟園」

まず一店目は第一回KARA-1GPで優勝した、麒麟園の「担々麺」(税込900円)を頂きました。
鶏ガラスープにゴマペーストを入れ、そこに辛さの秘密・ジョロキア粉末と4種の唐辛子ブレンドを投入!
今回は2辛で作っていただきましたが、3辛でジョロキア粉末はほぼ倍だそうです。(辛さは5辛まであり、激辛四天王のメニューの1つです。)
麺にスープをよく絡めていただくと「あ、美味しい。おいし…ん!辛い!」という後からくる旨辛!
「ただ辛くするだけならいくらでもできますが、おいしくて辛いものを食べてほしい」という店主のこだわりが詰め込まれた担々麺は確かに辛いのですがあともう一口!とクセになるおいしさでした。

■■INFORMATION■■
麒麟園
京都府向日市寺戸町東田中瀬5-54
075-933-1370
11:30〜14:00(LO 13:40)、16:30〜23:00(LO 22:30)
火曜定休

唐辛子の魔術師が作る絶品・旨辛餃子「餃子の一来一来」

さて二店目は、こちらも激辛四天王のひとつ・餃子の一来一来(いきいき)。
数々の取材で有名人も訪れる人気店で、オーソドックスな激うま餃子から生姜餃子、スパイシー餃子、旨辛餃子、にんにくナシ餃子とバラエティーに富んだ餃子がメニューに並びます。
早速、真っ赤な「旨辛餃子KARA-1」を実食。
「ピリ辛レベルで食べやすい!」と美味しく食べていた15秒後には耳の奥がジリジリかゆくて痛くなる、時間差でくる病みつき系の美味しさがたまらない一品です。

■■INFORMATION■■
餃子の一来一来(いきいき)
京都府向日市向日町南山39-8
075-931-9615
11:30~14:30(LO14:00)/18:00~21:30(LO21:00)
月曜定休、月2回火曜不定休あり

ちょい辛が生ビールとの相性バツグン!!洋風酒膳「うまかろう」

お店の看板商品でもある「バッファローウィング」(税込390円)。
ご主人によるとアメリカでは広く知られているメニューだそうで、向こうではホットウイングと呼ばれている手羽先料理ですね。
真っ赤なソースが掛かったバッファローウィングをお行儀わるいけれど手づかみでガブリ! あれ、そんなに辛くない!!
真っ赤なソースはタバスコがメイン。
上に掛かった白いソースはブルーチーズのソースで、これが全体的にまろやかな感じにまとめてくれて、これは間違いなくビールに合います!!

■■INFORMATION■■
うまかろう
京都府向日市寺戸町渋川11-54
075-934-7666
17:00〜24:00
水曜定休

悶絶まちがいなしの最凶・死神チャーハンの「珉珉 向日町店」

最後は向日市で愛され続けて40年、人気中華料理店の珉珉 向日町店にお伺いしました。
今回注文したのはこのお店でも一番の辛さを誇る「死神チャーハン」(税込1620円)です。
注文するとおもむろに防毒マスクをつける店主の姿に驚いていると、なんでも調味料が辛すぎてむせてしまうのだそうです。
登場した死神チャーハンの上には、ちょこんと唐辛子が。
これが死神チャーハンの要、向日市産の最凶トウガラシ「キャロライナリーパー」です。このキャロライナリーパーも食べて“完食”だそうで、今まで挑戦者は星の数ほどいるそうですが、わずか20人ほどしか完食できていないそうです。
激辛グルメが大好きな方や未だ見ぬ激辛料理に挑戦してみたいかたにおすすめです。

■■INFORMATION■■
珉珉 向日町店
京都府向日市寺戸町小佃19 ライフシティ東向日内
075-932-9320
11:00〜21:00
木曜定休

施設名京都向日市激辛商店街
電話番号080-8529-5054
最寄り駅JR京都線「向日町駅」
営業時間各店舗までお問い合わせください。
定休日各店舗までお問い合わせください。

京都をすみずみまで、歩いて食べて見て体験!「KYOTO SIDE」は、観光、グルメ、イベント情報など、まだまだ知られざる京都府の魅力や情報を発信し共有していく地域情報発信WEBサイトです。

https://www.kyotoside.jp/

関連記事